診療のご案内 | 姫路市余部区 ファミリークリニックあぼし | 内科 小児科 リハビリテーション

診療のご案内

一般内科

咳、痰、鼻水、喉の痛み、発熱、腹痛、下痢、吐き気・嘔吐などの急性症状から、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病をはじめとする慢性疾患まで、これまでの豊富な臨床経験を活かし、幅広く診療いたします。

一般内科へ

内分泌内科

脳下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎など、ホルモンを産生する内分泌臓器が障害されることによって、ホルモンの分泌異常が起こる疾患(内分泌疾患)を診療する科です。

内分泌疾患は、心臓病や糖尿病、更年期障害、うつ病など、他のの病気と間違われることも少なくありません。そのため、内分泌系の疾患でないかどうかを確認するために、一度は専門の検査をお受けになるよう、お勧めいたします。

内分泌内科へ

循環器内科

循環器とは、心臓から血液が送り出されて体じゅうの組織を巡る、その経路のことを言います。狭心症・心筋梗塞、心不全、不整脈などの心疾患や、動脈硬化、動脈瘤などの血管の疾患を対象とし、主に薬物による治療を行います。

循環器内科へ

消化器内科

消化器内科は、食道に始まり、胃腸などの消化管、およびそれに連なっている肝臓・胆嚢・膵臓など、広く消化器領域の疾患に関し、内科的な診療を行う専門科です。 腹痛や嘔吐、下痢、便秘をはじめとする消化器症状の際は、お気軽にご相談ください。

当クリニックでは胃カメラ(上部内視鏡)検査を行っております。 胃カメラ検査を定期的に受けておくことで、万が一胃がんになっていても早期発見の確率が飛躍的に高まります。

消化器内科へ

呼吸器内科

肺や気管支、胸膜などの疾患や症状を専門的に診療する科目です。風邪症候群、咽頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎、肺気胸などの急性疾患から、気管支喘息、アレルギー性喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺結核、気管支拡張症などの慢性疾患まで、様々な呼吸器疾患の診断と治療、および管理を行っております。

呼吸器内科へ

老人内科

高齢者が自立して健やかな日常生活を送ることをサポートする総合診療科と言えます。 高齢になると1つの病気だけではなく、いくつもの病気を併せ持っている方が少なくありません。子どものために小児科があるように、ご高齢者にもその診断や治療を専門的な知識に基づいて行う診療科が必要です。主に65歳以上の方を対象に、様々な病気や健康上の悩み・不安、また介護問題などについて幅広く対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

老人内科へ

予防接種

小児の定期予防接種と成人の予防接種を行っております。

予防接種へ

自費診療

病気予防や体調不良の改善、美肌効果、アンチエイジング対策など幅広い効果が得られる、高濃度ビタミン点滴をはじめ、各種点滴・注射を行っております。

自費診療へ

小外科(傷の治療)

すり傷・切り傷などの創傷、やけどの治療、粉瘤やいぼ、腫瘤などの切除を行います。けがをなさった際には、感染症を防ぐためにも、早めにご受診ください。

小外科へ

リハビリテーション科

リハビリテーション科では、病気や障害、老化、スポーツ外傷、手術などによる機能障害について、理学療法(運動療法、物理療法)や作業療法などによって機能の回復・改善を図り、日常生活や社会生活への早期復帰を目指します。

リハビリテーション科へ

往診・訪問診療

当クリニックでは、体の具合の関係で通院が困難な患者様や、退院して自宅療養を行っている患者様などについては、「訪問」「訪問診療」(定期往診)に応じておりますので、ご相談ください。

往診・訪問診療へ

かかりつけ医としての取り組み

当院は「かかりつけ医」としての取り組みを行っております。

  • 健康診断の結果に関する相談等、健康管理に関するご相談に応じております。
  • 介護・保険・福祉サービスの利用に関するご相談に応じております。
  • 専門医師または専門医療機関への紹介を行っております。
  • 日本医師会かかりつけ医機能研修制度応用研修会を終了しております。

算定料について

院内トリアージ実施料の算定について

新型コロナウイルスの全国的な感染拡大に伴い、兵庫県ならびに姫路市におきましても感染者の発生が散見されるようになりました。 新型コロナウイルスによる症状は様々で、通常のかぜ症状とは区別をつけることが大変困難です。そのため当院では感染対策として以下の対応を行っております。

  • 発熱、かぜ症状(咳・鼻水・腹部症状)、味覚・臭覚の異常等の症状のある患者様あるいは感染流行地へ往来された患者様は事前にご連絡いただき、院外にて受付していただいた後、車内などの他の患者様とは別の場所でお待ち頂きます。
  • 診療の際は院外テントにご案内します。
  • また診療の際には個人防護装具(マスク・手袋・ガウン・フェイスガード等)を装着し診察にあたります。


その際には厚生労働省の算定要件に従い、通常の診察料の他に「院内トリアージ実施料」として300点(3割負担で900円)の算定をさせていただきます。
必要時の新型コロナ抗原検査に関しましては公費負担(無料)となりますので申し添えます。

ご理解、ご了承の程、よろしくお願い申し上げます。

二類感染症患者診療加算について

当院では新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、感染が疑われる方については通常の診察室とは別のスペースにご案内しております。 また医師、スタッフともに患者様と面談や診察の際には個人防護具(マスク・手袋・ガウン・フェイスガード等)を装着し、感染予防対策を実施しております。

新型コロナウイルス感染症の症状は、非常に多彩であり、通常の風邪症状とは区別がつかず、そのための対策として、①風邪症状 ②嗅覚障害 ③味覚障害といった症状のある方は新型コロナウイルス感染の可能性あるものと考え、他の方とは別の場所でお待ちいただき、上記の感染症対策を講じたうえで診察しております。

2021年10月より厚生労働省より、必要な感染予防対策を講じたうえで、新型コロナウイルス感染症の可能性のある方の外来診療を行うことに対して、「院内トリアージ実施料」と「二類感染症患者診療加算」合計550点(3割負担の方で約1600円)の算定を行う通知があり、算定させていただいております(2022年3月31日まで実施)。

ご理解、ご了承の程、よろしくお願い申し上げます。

TOP